| English
トップページ > 領事情報  > マレーシ ア人の訪日査証(ビザ)申請
*最新情報(2013年6月)

1993 年からマレーシア人が日本に入国する場合,善良な旅行者の円滑な入国手続きを確保するため,日本政府は事前に査証を取得するよう勧奨していましたが,この たび,日本政府は,7月1日(月)から,短期滞在(観光,親族訪問,短期商用等)を目的として訪日を希望されるマレーシア人のうち,ICAO(国際民間航 空機関)基準に準拠したIC一般旅券を所持するマレーシア人に対し,査証取得勧奨を終了することを決定しました。これにより,ICAO基準に準拠したIC 一般旅券を所持するマレーシア人は査証を取得する必要はなくなります。    

なお,この査証免除の再開は,ICAO基準に準拠したIC 一般旅券を所持するマレーシア人に限定した措置であり,ICAO 基準に準拠していないIC一般旅券を所持するマレーシア人には,引き続き,日本に入国前に査証を取得することを勧奨します。

日本へのご旅行を計画されるときには,所持している旅券 が,IC旅券か否かを事前にご確認ください。

 ICAO基準に準拠した旅券の確認方法はこちら
  マレーシア人でICAO基準に準拠していないIC旅券での日本の入国を希望する方は以下の「査 証申請へ  
 マレーシア人以外の方はこちら

日本入国時の注意事項

1.査証免除により,入国審査時に付与される日本に滞在できる日数は,最大で90日間となります。
なお,ICAO基準に準拠したIC旅券を所持していても,90日を超える滞在や就労等を目的とする滞在については,従来どおり,事前に査証を取得する必要 があります。
査証申請については,以下の「査証申請」へ

2.日本入国に当たっては,入国審査において入国許可を受けて初めて日本に入国することができます(その点はこれまでの査証取得者と同様です。)。その 際,入国目的等につき,質問をしたり,必要な資料(日本出国のための航空券等)の提示を求めたりする場合がありますが,あらかじめ御理解願います。
  なお,短期滞在を目的とする場合であって,かつ,日本での滞在期間が1年間で180日を超える場合,入国を拒否されることもありますので,ご注意くだ さい。

3.日本に不法滞在し,日本国からの退去を強制され,上陸拒否期間を経過していない外国人,日本又は日本以外の国の法令に違反して,1年以上の懲役若しく は禁固又はこれらに相当する刑に処せられたことのある外国人,覚せい剤等を不法に所持する外国人等は,今般の査証免除措置後も日本に入国することはできま せん。
  日本国への入国が拒否される外国人については,出入国管理及び難民認定法第5条各号に定められています。入国拒否理由を確認したい方はこちらからご覧いただけます(法令データ提供システム/総務省行政管理局にリンクします。)。
なお,人道上の理由,その他特別な事情で日本に入国する必要がある場合には,事前に余裕をもって当館にご相談ください。

査証申請

1.必要書類

短期滞在査証 (90日以内の滞在)】

ICAO基準 に準 拠していないIC一般旅券を所持するマレーシア人が短期滞在の目的で訪日する場合の査証申請に必要な提出資料は,次のとおりです。
短期滞在を目的とする査証申請に対しては,原則として,有効期間最大1年間の数次査証を発給します。
有効期間最大3年の数次査証を希望する方はこちら

1.有効な旅券
2.査証申請書1枚(こちらから査証申請書フォームをダウンロードできます。)
  注1 査証申請書には空欄がないように記載してください。
  注2 所定欄に書ききれない場合は,別紙を添付してください。
3.写真1枚(4.5cm×4.5cm)
  ・背景白,6か月以内の撮影
  ・申請書の所定の欄に糊付けしてください。

なお,当大使 館 は,審査の必要に応じ,追加資料を求めたり,あるいは面接することがあります。
 

注1.    マレーシア人に対する審査結果は,許可の場合,原則申請日の翌開館日の午後(例:月曜日申請の場合は火曜日。金曜日の場合月曜日等)になりま す。
ただし,翌日が祝祭日の場合は,祝祭日の次の開館日となりますので,ご注意ください。

所在地:

EMBASSY OF JAPAN
NO. 11 PERSIARAN STONOR
OFF JALAN TUN RAZAK50450
KUALA LUMPUR
http://www.my.emb-japan.go.jp/

窓口業務時間

月曜日―金曜日
8.30am - 12:00pm
2.00pm - 4.00pm
TEL: 603-2177-2600
FAX: 603-2143-1739

 

 【在留資格認定証明書を所持する場合】

1.有効な旅券
2.査証申請書1枚(こちらから査証申請書フォームをダウンロードできます。)
  注1 査証申請書には空欄がないように記載してください。
  注2 所定欄に書ききれない場合は,別紙を添付してください。
3.写真1枚(4.5cm×4.5cm)
  ・背景白,6か月以内の撮影
  ・申請書の所定の欄に糊付けしてください。
4.在留資格認定証明書

なお,当大使館は,審査の必要に応じ,追加資料を求めたり,あるいは面接することがあります。


注1.ICAO基準に準拠したIC旅券を所持した方も在留資格認定証明書を所持しての査証申請が必要となりますので,ご注意ください。
注2.マレーシア人に対する審査結果は,許可の場合,原則として,申請日の翌開館日の午後(例:月曜日申請の場合は火曜日。金曜日の場合月曜日等)になり ます。
ただし,翌日が祝祭日の場合は,祝祭日の次の開館日となりますので,ご注意ください。


所在地:

EMBASSY OF JAPAN
NO. 11 PERSIARAN STONOR
OFF JALAN TUN RAZAK50450
KUALA LUMPUR
http://www.my.emb-japan.go.jp/

窓口業務時間

月曜日―金曜日
8.30am - 12:00pm
2.00pm - 4.00pm
TEL: 603-2177-2600
FAX: 603-2143-1739


2.査証料

 マレーシア人に対する査証料は 査証 の種類を問 わず,無料です。

3.所要時間

2013年7月1日以降,一般的な案件の場 合, 査証の取得に要する時間は,申請日の翌日の午後からとしていますが,申請内容によっては時間を要する場合もありますので,十分に余裕をもって申請してくだ さい。

開館時間:月曜日〜金曜日(休館日を除く)
     8時30分〜12時00分/14時00分〜16時00分

開館日のご案内はこちら

4.お問い合わせ先

査証申請に必要な書類(@入国目的が分かる書類,Aその他入国する方が揃える書類,B前期@及びAを踏まえ,入国する方を受け入れる側が揃える書類)につ いては,外務省及び各在外公館で,訪日の目的ごとに案内しています。この案内で記載されている目的以外での訪日を予定している場合には,下記まで照会して ください。
当大使館 
Tel:03−21772600(ext:148)
Fax:03−21431739

外務省 ビザ・インフォメーションサービス
Tel:81−3−5501−8431

日本国査証(ビザ)案内はこ ちら


査証申請に係る注意事項

(注1) 査証申請及び受領は、申請人本人に限ります。やむを得ない事情により、代理人を立てる際は、必ず、申請人本人よりの委任状(形式自由)が必要です。

(注2)審査の必要に応じ,上記以外の追加資料を求める場合もあるので,時間的に十分余裕をもって申請してください。

(注3)当大使館からあらかじめ依頼した場合を除き査証申請に係る資料を当大使館に直接送付することはご遠慮ください。また,査証申請は郵送では受け付け ていませんので,当館までお越しください。

(注4)提出資料の参考様式,作成上の注意点につきましては,外務省ホームページの「渡航関連情報」「ビザ(査証)案内」の「日本入国手続きの概要(中 国,ロシア,NIS諸国,フィリピン以外の国籍の方)」をご覧ください。

(注5)日本へ短期滞在査証で入国する場合には,入国審査時に帰国用航空券の提示を求められますので,ご注意願います。


このページのトップへ戻る

No.11 Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak,
50450 Kuala Lumpur, Malaysia
Tel: 03-2177-2600