トラブル時のコミュニケーション支援ボード

2020/2/25
       マレーシアには、2万4千人を超える在留邦人の方々が居住し、また、毎年約40万人に上る邦人観光客の方々が訪れています。

       こうした中、この度、在マレーシア日本国大使館では、不運にも、盗難事件や交通事故に遭われたり、落とし物をされたりした方が、警察に届け出るに当たって、警察官と容易にコミュニケーションを取ることができるよう、警察への届出に必要な事項を日本語、マレー語、英語の3か国語で記載したコミュニケーション支援ボードを作成しました。このボードを使うことで、届出に必要な事項を指差しながら、警察官とコミュニケーションを図ることができるようになります。

       2020年2月18日、在マレーシア日本国大使館では、このボードを100セット作成してマレーシア国家警察に贈呈し、国家警察長官から国家警察での積極的な活用に向けたコメントをいただいており、今後、国家警察において観光地を中心に各地の警察分署に配布される予定ですが、お住まいの地域への配布が済んでいないこともあり得ますので、在留邦人・邦人観光客の皆様も、万が一、盗難被害等に遭われた場合に備えて、このボードを印刷し、又は携帯端末にダウンロードするなどして積極的に御活用いただければ幸いです。
 
※ 各コミュニケーション支援ボードの内容を御確認いただくには、それぞれの画像をクリックしてください。
 
【盗難被害用1】 【盗難被害用2】



 
【交通事故用】 【落とし物用】