【領事メール】【新型コロナウイルス】アストラゼネカ社ワクチンの接種について(2021年5月1日)

2021/5/1
新型コロナウイルスのワクチンについて、当地にお住まいの日本人の皆様の当地での接種について、マレーシアより以下の発表がありましたところ、御参考までにお知らせします。
 
予防接種を受けるかの判断に当たっては、予防接種による感染者予防の効果と副反応のリスクの双方についてご理解頂いた上で、マレーシア当局のホームページ等による最新情報を確認いただくようお願いします。また、新たな情報が得られ次第、随時お知らせいたします。
 
●4月28日(水)、カイリー・ジャマルディン科学技術・イノベーション大臣は、マレーシア在住の18歳以上の希望者に対し、アストラゼネカ社ワクチンの接種を進めていく方針を発表しました。
 
●この対象者にはマレーシア在住の在留邦人も含まれ、当初はスランゴール州及びクアラルンプールを対象に進め、接種は後日設置される予約サイトに登録した先着順とされています。なお、同ワクチンは無償で、接種間隔は12週間(84日間)とされています。
 
(2021年4月28日付カイリー大臣発表)
https://twitter.com/Khairykj/status/1387283404765339651
 
●5月1日(土)、カイリー大臣は、上記アストラゼネカ社ワクチン接種に係る予約サイトを5月2日(日)12時にオープンすることを発表しました。
 
●対象者は、
・(上記のとおり)18歳以上の者
・国家ワクチンプログラムに(MySejahteraアプリ等を通して)登録済みの者
・クアラルンプール又はスランゴール州在住の者
とされており、予約サイトは「COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)」からアクセス可能です。
 
(2021年5月1日付カイリー大臣発表)
https://twitter.com/Khairykj/status/1388352214624739328
(JKJAVサイト)
https://www.vaksincovid.gov.my/
(MySejahteraアプリ登録手順は以下をご覧ください)
https://www.youtube.com/watch?v=fzeYtsgFVh0
 
●対象者は18歳以上
 
●予約の際、接種時間と場所(UM、UKM、World Trade Centre KL、IDCC Shah Alam)を指定可能です。実際の接種は5月5日(水)から開始されます。
 
●なお、アストラゼネカ社ワクチンは、日本政府に対し2021年2月5日に薬事承認申請がされているものの、規制当局による審査中であり、現時点では承認されていないものです。マレーシア在住でアストラゼネカ社ワクチン接種を希望する方におかれましては、有効性・安全性について以下の情報(マレーシア政府が案内している各種ステートメント及び厚生労働省サイト)を参照した上で、ご自身でご判断をお願いいたします。なお、これらステートメントはアストラゼネカ社ワクチンに係る世界中の報告を網羅しているとは限らないことにご留意ください。
 
(2021年3月31日付EMAステートメント)
https://www.ema.europa.eu/en/news/astrazeneca-covid-19-vaccine-review-very-rare-cases-unusual-blood-clots-continues
 
(2021年4月21日付WHOステートメント)
https://www.who.int/publications/i/item/WHO-2019-nCoV-vaccines-SAGE_recommendation-AZD1222-2021.1
 
(2021年4月30日付WHOステートメント)
https://www.who.int/malaysia/news/detail/30-04-2021-statement-on-the-benefits-of-vaccines-against-covid-19
 
(厚生労働省サイト:アストラゼネカ社の新型コロナワクチンについて)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_astrazeneca.html
 
○今後も、SOPの順守に加え、人混みを避ける行動や、適切なマスクの着用、うがい・手洗いの励行など、基本的な感染症予防対策に努めてください。
 
○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0
当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。