【新型コロナウイルス】国際貿易産業省によるスランゴール州のMCO対象地区における企業活動についての公表

2021/5/5
5月5日、国際貿易産業省はスランゴール州のMCO対象地区における企業活動について発表したところ、以下のとおり。
・政府はMCO3.0のネガティブリストに記載されている特定の活動を除き、MCO下のセランゴール州の6つの地区で製造業を含むすべての経済部門が操業を継続できることを決定した。
・企業はMCO3.0のSOPを遵守する必要があり、管理職の30%だけが勤務時間の制限なく出勤することができる在宅勤務指令の対象となる。
・操業・サポートスタッフの出勤は雇用主の裁量で決定される。
・SOPを遵守していないことが判明した場合、一定期間の会社の閉鎖を含む法的措置の対象となる。
 
●国際貿易産業省の発表の詳細については以下をご確認ください。
(5月5日掲載)国際貿易産業省の発表(マレー語)