【新型コロナウイルス】クアラルンプール市内「スランゴール・マンション」及び「マラヤン・マンション」における強化された活動制限令(EMCO)の発令について

2020/4/7
・4月7午後2時(日本時間午後3時)から行われた記者会見において,イスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣は,クアラルンプール市内「スランゴール・マンション」及び「マラヤン・マンション」を対象とした,強化した活動制限令(EMCO)の発令について発表しました。

●クアラルンプール市マスジッド・インディア通り(Jalan Masjid India)に位置する,スランゴール・マンション(Selangor Mansion)及びマラヤン・マンション(Malayan Mansion)の2つの建物に対し,4番目の強化された活動制限令(EMCO)を発令。これら建物は365ユニット(住居又は店舗)を有するが,その中で15例の新型コロナウイルス陽性反応が確認されたため。
 
●上記EMCOの対象期間は,4月7日から,1ユニットごとに行われる検査(case inspection)の終了まで。14日間のEMCO期間中,(入居者は)既に発令された3つのEMCOと同一の規制内容(SOP)に従う必要がある。(入居者は)ユニットに滞在しなければならず,対象区画を離れることは認められない。また,部外者が(対象区画に)立ち入ることは認められない。警察,国軍,RELA及び市民防衛隊(APM)が対象区画を警備する。
 
●本件に関するホットラインは 03-40267222 / 016-2962982 。
 (DBKL MCO Operation Centre)
 
(現地公館連絡先)
○在マレーシア日本国大使館
住所:11, Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia 
電話:(03)2177-2600(代表)
ホームページ: https://www.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html