【新型コロナウイルス】日本で取得したワクチン接種証明書のMySejahteraアプリへの移管について(2021年10月5日更新)

2021/10/5
(10月5日付追記)
●10月4日、COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)が、海外で取得したワクチン接種証明書のMySejahteraアプリへの移管に関し、MySejahteraアプリ上で直接申請できることを発表しました。
 
●申請に関しては、MySejahteraアプリの「Help desk」から、「N: I have received vaccination overseas and would like to obtain my digital certificate in MySejahtera」を選択し、画面上の指示に従い、実施してください。
 
(COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)の発表)
https://www.facebook.com/jkjavmy/posts/167785645537095
 
++++
(9月9日付追記)
 9月8日、アプリ移管に必要な書類として以下が案内されました。なお、日本のワクチン接種証明書に記載されていない項目である「接種した医師の名前(NAME OF VACCINATOR)」の情報が必要とされていますが、当館がペタリン保健所に確認したところ、「当該項目は必須事項ではない。もし分かれば書くことで構わない。」との回答を得ているため、当該項目は「不明(not available)」として記載頂くことで構わないことを申し添えます。
 
●アプリ移管の準備のため、以下の情報が記載された書類を準備すること(当館注:ワード等にまとめて保健所へ提出することで構わないとのこと)
 
 ・氏名
 ・IC/パスポート番号
 ・MySejahteraID
 ・国籍
 ・職業
 ・自宅住所
 ・1回目接種に係る情報
   ・接種した国
   ・接種場所(もし分かれば)
   ・接種日
   ・接種時間(もし分かれば)
   ・接種した医師の名前
   ・ワクチンの種類/シリアルナンバー
 ・2回目接種に係る情報
   ・接種した国
   ・接種場所(もし分かれば)
   ・接種日
   ・接種時間(もし分かれば)
   ・接種した医師の名前
   ・ワクチンの種類/シリアルナンバー
 
●保健所出頭時には、以下の情報が記載された書類のコピーを持参すること
 
  ・IC/パスポート番号
  ・1回目及び2回目のワクチン接種証明書
 
(ペタリン保健所FB)
https://www.facebook.com/KKMPetaling/photos/a.263374005076325/577197197027336/?type=3&theater 

++++
 9月5日、海外で取得したワクチン接種証明書のMySejahteraアプリへの移管方法について、マレーシア政府より以下の発表がありました。従前の方法である「当局へのメール申請」に代えて、「最寄りの保健所への出頭」が求められているため、既にメール申請済みの方におかれても、ご対応をお願いいたします。なお、マレーシア政府が定めるSOP上では、紙形態のワクチン証明書でも使用できることとなっており、アプリへの移管が現時点で必須となっている状況ではないことを申し添えます。
 
 ・海外でワクチン接種を完了した者で、MySejahteraアプリへの電子証明書への移管を希望する者は、最寄りの保健所へ出頭し、海外で接種を完了したことを証明する書類を保健所職員へ提出すること。
 
 ・保健所職員は書類を確認した後、当該接種情報を、地区保健局を通じてMySejahteraに送付する。
 
(JKJAVツイート:英語)
https://twitter.com/JKJAVMY/status/1434460644904869890
 
(最寄りの保健所は以下保健省サイトからご確認ください)
https://www.moh.gov.my/index.php/database_stores/store_view/5?mid=98

(クアラルンプール、プトラジャヤの保健所は以下クアラルンプール・プトラジャヤ連邦直轄区保健局のサイトからご確認ください)
https://jknkl.moh.gov.my/index.php/pejabat-kesihatan#pk-cheras