【新型コロナウイルス】マレーシアに居住する邦人へのマレーシア政府からのワクチン接種について

2021/2/11
・2月11日、COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)は、マレーシアにおける国家ワクチンプログラムに当地在住外国人等を含め、かつ無料で接種可能にする旨を発表したところ、その概要は以下のとおりです。
 
・なお、接種の優先順位はまずはマレーシア国民からとされており、在留邦人含む外国人への接種時期は現時点で未定のところ、追加の情報を得られ次第、本ページを更新していきます。
 
1.2月11日付JKJAV発表
(1)昨日会合した閣僚らは、今月末に開始される国家ワクチンプログラムにおいて、マレーシアに居住する全ての外国人にも無料でワクチンを提供することで合意した。
(2)ただし、ワクチンを与える優先順位は、まずはマレーシア国民である。外国人向けのワクチン情報やスケジュールは後日発表される。
 
2.2月11日付カイリー・ジャマルディン科学技術・イノベーション大臣ツイート
(1)閣議決定により、マレーシアに居住する外国人は、国家ワクチンプログラムの下でCOVID-19ワクチンを無料で接種することが決定された。これには外交官、駐在員、学生、外国人の配偶者と子供、外国人労働者、UNHCRカード所持者が含まれる。
(2)原則として、内閣はまた、不法滞在の外国人にワクチンを無料で提供することにも合意しており、COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)は、これをどのように実施するかについてさらに議論する予定である。我々は、州政府、外国大使館、NGOに支援を求める予定である。
 
※JKJAV発表
https://www.facebook.com/jkjavmy/posts/112394257518796?__tn__=-R
 
※カイリー大臣ツイート
https://twitter.com/Khairykj/status/1359698231387586562