ヘイズ(Haze/煙害)発生に伴なう注意喚起

2019/9/20
1.マレーシア保健省のプレスリリース( http://www.moh.gov.my/index.php/database_stores/store_view_page/21/1228 )によれば,インドネシア側での森林火災の影響により,ヘイズ(Haze/煙害)がマレーシア国内の一部地域にも被害を及ぼしており,ASEAN Specialized Meteorological Center(ASMC)の発表( http://asmc.asean.org/home/ )が示すように,その森林火災の現場が存在するため,ヘイズは今暫く続くものと予想される,としています。
 
 
2.マレーシア環境局では,各地域における大気汚染指数(API)を以下のとおり5段階に分類して,
随時発表しています( http://apims.doe.gov.my/public_v2/home.html )。 当国保健省は,指数が101(不健康)を超える場合には,屋外での活動を見合わせるよう推奨しています。
【API指数】
 50 以下・・・良好(Good)
 51-100・・・通常(Moderate)
101-200・・・不健康(Unhealthy)
201-300・・・非常に不健康(Very Unhealthy)
301 以上・・・危険(Hazardous)
 
 
3.今月に入り,サワラク州内でAPI指数200を超える日が増え,また観光地シャーアラム市やマラッカ市でも一時は指数200に達し,今週に入ってからはスランゴール州内やクアラルンプール市内においても指数150を超えたため,18日以降は各州の教育省は公立・私立すべての教育機関を臨時休校とする一時措置をとっています。
 
 
4.つきましては,これらAPI指数が高くなる地域にお住いの在留邦人の皆様や,そうした地域に行く御予定の短期渡航者の方におかれましては,上記マレーシア環境局のホームページ等で最新のAPI指数情報を小まめに確認し,汚染濃度に応じては屋外での活動を控えるなど,上記マレーシア保健省( http://www.moh.gov.my/index.php/pages/view/183 )のプレスリリースの,健康への影響軽減予防策(邦訳は以下)も参考にし,状況には十分ご注意ください。
 
【仮邦訳】
1.運動は呼吸数の増加につながり,ヘイズ被害のリスクを高める可能性がある。
2.全国ヘイズ・アクションプランの推奨事項に沿って,大気汚染指数(API)の値が100を超える場合,屋外での活発な運動は控える。
3.屋外では,必要に応じてマスクを使用する。
4.自宅など建物の窓は閉じて,ヘイズ流入を抑制する。
5.屋内は小まめに清掃し,禁煙とする等,建物内でのヘイズ被害のリスクを抑えるよう心掛ける。
6.車両のエアコンを使用する際には,車内空気サイクルモード(内気循環)を選択する。
7.喉が渇いていない場合でも,十分な水分(1日に少なくともグラス8杯)を摂取する。
8.可能であれば,微粒子を濾過する高性能のエアコンや清浄機を活用し,屋外からのヘイズ侵入を防ぐ。
9.幼児や,呼吸器疾患・心臓病を持つ子供の健康には注意する。
10.体調が悪い場合は,直ちに医療機関で診療を受ける。 
(以上)