【領事メール】【新型コロナウイルス】海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業(期間の延長)(2022年1月21日)

2022/1/21
   海外在留邦人等を対象とした新型コロナ・ワクチン接種事業については、1月24日までの予約が可能となっておりますが、運用を変更の上、期間を延長することとしました。この運用変更に伴い、1月31日(月)からは、羽田空港において、週3回(月、木、土)、ファイザー製ワクチンの接種を実施します。また、アストラゼネカ製ワクチンの接種についても、同空港において、週1回(木)実施します。

   本事業での接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で、特設サイトを通じて予約をお願いします。

   なお、現在のところ本事業は、1回目・2回目の接種を対象としており、3回目の接種は受けられませんのでご注意下さい。
 
   また、1月20日付の領事メールでお知らせした本事業に関するアンケート(リンク先: https://forms.gle/y8aN3pTBnVE2cSyx7 )についても、ご協力をお願いいたします。
 
   特設サイトへのリンクは、外務省海外安全HP( https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html )に掲載されておりますので、そちらを御確認ください。