外国運転免許証のマレーシア国内免許証への切替え再開について(2020年12月28日)

2020/12/28
2018年9月24日以降、マレーシア政府は、外国運転免許証のマレーシア国内運転免許証への切替えを一時停止していましたが、今般、当館よりマレーシア運輸省へ確認したところ、以下のとおり切替え手続きを再開した旨回答がありましたので、お知らせいたします。現時点では、道路交通局(JPJ)のホームページ等には正式な通知は出ていませんが、切替え手続きは実施可能とのことです。
  • 外国運転免許証のマレーシア国内運転免許証への切替えについて、従前から切替え可能であった外交官及びMM2Hパス保有者に加え、雇用パスのカテゴリー1及び2(EP1及びEP2)、居住者パス-技能(RP-T)及びそれらパス(注:EP1、EP2、RP-T)保有者の配偶者で有効な配偶者パス(Dependent Pass)を保有する方も、国籍問わず切替え可能となった。
  • 切替えはマレーシア国内の道路交通局(JPJ)のうち、現時点でクアラルンプール1カ所(住所:Lot 14264, Jalan Genting Kelang, Setapak, 53300 Kuala Lumpur)及びセランゴール1カ所(住所:Padang Jawa, 40620 Shah Alam, Selangor)のいずれかで可能。その他の州のJPJについては、切替え開始の準備中のため、しばらく時間を要する見込み。
  • 切替え申請時にはチェックリスト(ダウンロードリンクからダウンロード可)に該当パス別に記載されている書類を準備いただく必要がある。