海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業(2022年4月7日更新)

2022/4/7
 [2022年4月7日更新]
 海外在留邦人等を対象とした新型コロナワクチン接種事業について、4月18日より5歳から11歳の方への接種を開始することをお知らせします。
 
 現在、本邦の空港における海外在留邦人等向けワクチン接種事業について、4月18日より5歳から11歳の方への接種が開始します(予約受付開始は4月6日(日本時間))。5歳から11歳の方への接種は、各会場において、毎週1回(羽田空港接種会場では毎週木曜日、成田空港第1ターミナル接種会場では毎週月曜日、成田空港第2ターミナル接種会場では毎週金曜日)の実施となります。詳細は、以下の外務省海外安全HPに掲載しておりますので、そちらをご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 
なお、5歳から11歳の方が接種を受ける場合には、保護者の同伴が必要となります。
 また、3回目接種については、本邦においては現時点で12歳以上が対象とされており、12歳未満の方は受けることができませんので御留意ください。
 本事業で接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で予約してください。
 


 [2022年3月30日更新]

 海外在留邦人等を対象とした新型コロナワクチン接種事業についてお知らせします。
 本邦の空港における海外在留邦人等向けワクチン接種事業については、現在、在留邦人等を対象とした3回目の接種を実施しています。
 これまで、3回目の接種は、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ(コビシールドを含む)のいずれかのワクチンの2回目接種を受けてから6か月以上が経過している18歳以上の方が対象でしたが、3月29日より対象年齢を引き下げ、12歳以上の方も予約可能となります(接種は4月5日より)。なお、これらのワクチンの2回接種が未済の場合は、引き続き1・2回目接種が可能です。
 本事業での接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で予約してください。



[2022年3月9日更新]
 
   昨今の感染状況や在留邦人等からの要望を踏まえ、在留邦人等を対象とした3回目の接種を3月14日(月)から新たに開始します。対象となるのは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ(コビシールドを含む)のいずれかのワクチンの2回目接種を受けてから6か月が経過した、18歳以上の方です。3回目の接種にはファイザーのワクチンを使用します。3回目の接種の予約は、予約サイトを通じて日本時間3月9日(水)17時から開始します。羽田空港では毎日、成田空港では週3回、接種を実施します。
   なお、これらのワクチンを接種していない方や、これらのワクチンではなく、他のワクチンを接種した方は、引き続き、1・2回目として接種を受けることが可能です。本事業での接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で予約してください。
 

 
[2022年1月21日更新]
 
   海外在留邦人等を対象とした新型コロナ・ワクチン接種事業については、1月24日までの予約が可能となっておりますが、運用を変更の上、期間を延長することとしました。この運用変更に伴い、1月31日(月)からは、羽田空港において、週3回(月、木、土)、ファイザー製ワクチンの接種を実施します。また、アストラゼネカ製ワクチンの接種についても、同空港において、週1回(木)実施します。
   本事業での接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で、特設サイトを通じて予約をお願いします。
   なお、現在のところ本事業は、1回目・2回目の接種を対象としており、3回目の接種は受けられませんのでご注意下さい。
 

 
[2021年12月20日更新]
 
1 現在、羽田・成田空港で実施している海外在留邦人等向けワクチン接種事業については、これまで令和4年1月10日まで予約可能となっておりましたが、昨今のオミクロン株の感染状況やそれに伴う指定施設待機、年末年始の帰国需要等を踏まえ、令和4年1月24日まで延長して予約可能となりました。
 
2 本件詳細は、外務省海外安全HP内の特設サイトにて御確認ください
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html )。
 
3 なお、一時帰国時の3回目の接種を含むその後のワクチン接種事業については、情報があり次第お知らせいたします。
 
 
 
[2021年9月30日更新]
 
当地において日本で薬事承認されていないワクチン(シノバック製等)を接種済みの方で、日本国内で薬事承認されているワクチン(ファイザー製等)を接種することを希望する場合には、ご自身の判断に基づき、医師と御相談の上で接種していただくことになります。
交互接種(異なるメーカーのワクチンを接種すること)については、我が国として十分な知見がありませんので、ご注意ください。また、予診の結果、交互接種が認められないケースもあります。
 
【お問い合わせ先】
●日本国内からかける場合:03-6633-3237(有料)
●海外からかける場合:(+81)50-5806-2587(有料)もしくはSkype上でmofa-vaccine-QA@asiahs.com (無料)
 (日本語:月曜~日曜8時~20時(日本時間)、英語:月曜~金曜9時~18時(日本時間))