【新型コロナウイルス】日本郵便によるマレーシア宛てEMS及び航空郵便物の一時引受停止について(2020年10月30日)

2020/10/30
●10月30日、日本郵便株式会社は、マレーシアにおいて国際郵便物の受入れが一時停止されていることを受け(※1)、当面、日本からマレーシア宛てのEMS及び航空郵便物(※2)の発送を見合わせる旨発表しました。
 
(日本郵便ホームページ)
 
●今後、状況に応じて変更が生ずる可能性もあるとのことですので、最新の国際郵便物の差出可否及び配達遅延等の情報については日本郵便株式会社へご確認いただくようお願いいたします。
 
※1 10月25日、マレーシアの郵便事業者であるPOS Malaysiaは、空港周辺地域においてクラスターが発生したことに伴う予防措置を講ずるため、今後更なる発表がなされるまでの間、KL国際空港内のIntegrated Parcel Centre(IPC)を一時閉鎖する旨発表しています。
https://pos.com.my/journal/temporary-closure-of-integrated-parcel-centre-ipc-in-klia.html
※2 手紙、はがき、国際小包、小形包装物、国際eパケット、グリーティングカード、Dメール(航空優先大量郵便物)、Pメール(航空非優先大量郵便物)等
 
 
○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
当館ウェブサイトページ

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。