【領事メール】【新型コロナウイルス】自己検査キット結果の報告、クランバレー地域のウォークインワクチン接種、入国管理局駐在者サービス課等の窓口の部分的再開及びエンドースメント手続における特別パス取得の免除(2021年12月31日まで)(2021年8月2日)

2021/8/2
1 自己検査キット結果の報告について
7月29日付アップデートにて、自己検査キットの結果がMySelahteraアプリ上で報告可能になりました。自己検査キットを使用される方におかれては、同アプリを最新のバージョンにアップデートするようご留意ください。
 
2 クランバレー地域のウォークインワクチン接種について
●7月31日、JKJAV(COVID-19ワクチン供給特別委員会)が、クランバレー地域におけるウォークインワクチン接種について、詳細を発表しました。
●外国人については、以下の日程で接種が可能です。
8月9日(月)~11日(水):40歳以上又は基礎疾患を有する方
8月12日(木)~22日(日):18歳以上の方
(※いずれの日も開始時間は14時)
●本制度の利用を希望される方におかれては、「クランバレー地域在住であることを示すもの(運転免許証、クレジットカード明細、雇用証明書、学生証等)」「(基礎疾患を有する場合、)医師のレター又は健康状態を証明する書類」をご持参ください。
●なお、外国人向けの接種場所は「Stadium Nasional Bukit Jalil」のみとなりますのでご注意ください。
●本制度の利用は未だ1回目の接種日通知を受けていない方に限られます。2回目接種のみ本制度を利用する、などはできず、アプリ上で接種日通知が来ている場合はそちらが優先されますので、その点ご留意ください。
 
3 入国管理局駐在者サービス課等の窓口の部分的再開及びエンドースメント手続における特別パス取得の免除(2021年12月31日まで)
●8月2日、マレーシア入国管理局駐在者サービス課(ESD)が、一時閉鎖中であった同課等の窓口の部分的再開及びエンドースメント手続における特別パス取得の免除について発表しましたので、当館ホームページを更新しました。以下のリンクをご確認ください。https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31052021C.html
 
●発表の詳細及び問合せ先については、以下を御参照ください。
・駐在者サービス課ウェブサイトページ(8月2日付け)
https://esd.imi.gov.my/portal/latest-news/announcement/reopening-counter-services-at-esd-putrajaya-myxpats/
 
○5月以降、マレーシア国内、特にクランバレー地域における感染者が急増しています。直近の感染状況については、当館HPで随時公表していますので、ご参照ください。また、感染した場合など、ご不安な場合は当館までご相談ください。
https://www.my.emb-japan.go.jp/files/100218178.pdf

○不要不急の外出は控え、今後も、SOPの順守に加え、人混みを避ける行動や、適切なマスクの着用、うがい・手洗いの励行など、基本的な感染症予防対策に努めてください。
 
○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0
当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html
 
○また、サバ州東海岸のうち、サンダカン、ラハ・ダトゥ、クナ及びセンポルナ周辺地域に危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が、サバ州東海岸のうち上記「レベル3」発出以外の地域(タワウを含む)に危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が発出されています。
 
○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。