【新型コロナウイルス】条件付き活動制限令(CMCO)施行に伴う入国管理局等窓口の一時閉鎖(CMCO対象地域全て)(11月9日更新)

2020/11/9
マレーシアと日本の間の出入国手続について、当館ウェブサイトを更新いたしましたので、御案内いたします。
 
【更新】
条件付き活動制限令(CMCO)施行に伴う入国管理局等窓口の一時閉鎖(CMCO対象地域全て)(2020年11月9日更新)
 
主な内容は以下のとおりです。

・11月7日、マレーシア入国管理局は、マレーシアの各地域における条件付き活動制限令(CMCO)の延長及び対象地域拡大に伴い、CMCO対象地域に所在する入国管理局事務所の窓口を今後の発表があるまで全て閉鎖すると発表しました。
・なお、オンライン申請は通常どおり可能です。
 
これらの詳細につきましては、上記の当館ウェブサイトページを御確認ください。
 
●現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0
当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html
 
●また、サバ州東海岸のうち、サンダカン、ラハ・ダトゥ、クナ及びセンポルナ周辺地域に危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が、サバ州東海岸のうち上記「レベル3」発出以外の地域に危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が発出されています。

〇在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。
 
〇なお、当館では、日系企業の皆様を法的側面から支援することを目的として、本年度、TMI総合法律事務所と業務委託契約を締結し、新型コロナウイルス感染症への対応に関連する法的問題・トラブルについてFAQを作成・公表するとともに、無料法律相談を行っておりますので、是非ご活用ください。詳しくは当館ホームページ をご覧ください。