【領事メール】【新型コロナウイルス】マレーシアに居住する邦人へのマレーシア政府からのワクチン接種について(2021年2月11日)

2021/2/11
マレーシアに居住する邦人へのマレーシア政府からのワクチン接種について、当館ウェブサイトに掲載いたしましたので、御案内いたします。
 
【新型コロナウイルス】マレーシアに居住する邦人へのマレーシア政府からのワクチン接種について
 
概要は以下のとおりです。

・2月11日、COVID-19ワクチン供給特別委員会(JKJAV)は、マレーシアにおける国家ワクチンプログラムに当地在住外国人等を含め、かつ無料で接種可能にする旨を発表しました。
 
・同日、カイリー科学技術・イノベーション大臣は、当地在住外国人等について「これには外交官、駐在員、学生、外国人の配偶者と子供、外国人労働者、UNHCRカード所持者が含まれる」と述べており、全ての当地在住外国人がその対象に含まれると説明しています。
 
・なお、接種の優先順位はまずはマレーシア国民からとされており、在留邦人含む当地在住外国人への接種時期は現時点で未定のところ、追加情報を確認次第、情報を更新していきます。
 
●現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
当館ウェブサイトページ

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。