【領事メール】【新型コロナウイルス】高等教育機関への留学生のマレーシア入国許可(2021年1月1日から) 及び 活動制限令(MCO)前後のオーバーステイ等に際する特例措置(2021年1月20日更新)

2021/1/20
●マレーシアの出入国手続について、当館ウェブサイトを更新いたしましたので、御案内いたします。
 
1 高等教育機関への留学生のマレーシア入国許可(2021年1月1日から)及び私立学校・インターナショナルスクールへの留学について(2021年1月20日更新)

2 マレーシア入国管理局の一部サービス再開及び活動制限令(MCO)前後のオーバーステイ等に際する特例措置(2021年1月20日更新)

●主な更新内容は以下のとおりです。

1 高等教育機関への留学生のマレーシア入国許可(2021年1月1日から)
・2021年1月15日、Education Malaysia Global Services(EMGS)が、外国人学生の入国等に関する規制(SOP)を発表しました。それによれば、2021年1月1日から、英国からの留学生を除く、新規及び就学済みの全ての留学生が、学業継続のためにマレーシアに入国することが認められます。(ただし、扶養家族パス(dependant passes)の保有者(※留学生の同伴家族を指すと考えられます。)については入国が認められていません。)
・入学手続の詳細については、上記の当館ウェブサイトページ1及びEMGSウェブサイトページを御確認ください。


2 活動制限令(MCO)前後のオーバーステイ等に際する特例措置
・当館からMalaysia Expatriate Services Centre(MYXpats Centre)に確認したところ、駐在者(EP1、EP2、EP3、PVP及びRP-T保有者)及びその家族については、マレーシアでの滞在には有効なパスが必要であり、MCO期間中にパスが失効した場合には、MYXpats Centreに相談することができ、パスの更新が認められれば引き続き滞在が可能とのことです。MYXpats Centreの詳細につきましては、上記の当館ウェブサイトページ2及び関連ページを御確認ください。
 
〇現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
当館ウェブサイトページ

〇在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。