各種証明のオンライン申請開始等について

令和5年10月12日
令和5年(2023年)9月25日以降、一部証明手続がオンラインにて申請が可能となります。これにより、従来の来館しての申請にオンライン申請が加わりますので、ご利用しやすい申請方法をお選びいただけるようになります。
 
ご利用の流れ
 
  オンライン申請 操作マニュアル
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/manual/shomei_online_manual.pdf
(※同居家族の申請の場合、在留届上の筆頭者が同居家族に代わり入力
      在留届メニュー→「同居家族への証明申請許可」をクリック)
解説動画
  https://www.youtube.com/watch?v=1aeOGPu9h-o
  • 当館から審査完了(含 オンライン納付案内)をメールで連絡
  • メール受信後、当館HPから来館事前予約。あわせて、オンライン納付を希望される場合は、来館までにオンライン納付専用サイトにカード情報を登録。
  • 来館し、証明書の受領・手数料の納付
 
対象となる証明手続
 
・在留証明(形式1、形式2)
・出生証明等の身分事項に関する証明
・自動車運転免許証抜粋証明
・警察証明 等
 
ただし警察証明については、当館で指紋を押して頂く必要があるため、オンライン申請受付後に当館からメールを送りますので、来館日時をご予約ください。この他、署名証明などオンライン申請後に領事の面前での署名、押捺等の追加の手続きが必要となる証明もございます。上記以外の証明書については、引き続き当館までお越しいただき、窓口にて申請頂く必要がございますのでご留意ください。
※受領は、アップロードした全ての書類原本(戸籍謄本、運転免許証、住所立証書類等)を持参の上、来館する必要があります。交付時に、疎明資料の原本の提出又は提示ができない場合は、証明書の交付ができない場合がありますのでご注意ください。
 
 
交付日
 
交付日は、当館での審査が終了し、審査完了のメールが送付されるまで確定しません(受付完了のメールとは異なります)。なお、証明の種類にかかわらず、審査完了から交付まで概ね3開館日を要します。(関係機関への照会が必要な場合、通数・ページ数・文字数が大量であり作成に時間がかかる場合、日本での作成となる警察証明等は作成完了次第のご連絡となります。)なお、オンラインで申請された書類に不備などがある場合には、別途当館からメール等でお知らせします。

※不備等がある場合は通常よりも審査に時間を要するため、受領をお急ぎの方はご来館での申請を推奨いたします。各種証明の詳細についてはこちら


 
手数料の納付方法
 
オンラインで申請された証明書の手数料のお支払いについては、オンライン納付(クレジットカード/デビットカード)または当館での現金払いが可能です。
※オンライン納付の場合は日本円、現金払いの場合はマレーシアリンギでのお支払いとなります。
※オンライン納付をご希望の場合、受領前にカード情報の登録および有効性確認が必要となります。詳細は当館より送付いたします証明書受領案内のメールをご参照ください。

領事手数料のクレジットカード納付サービスに係る注意事項
 
オンライン決済について(外務省ホームページ)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_004053.html
解説動画
 https://www.youtube.com/watch?v=qucbCUcXHuw