【領事メール】【新型コロナウイルス】「国家回復計画」第一段階及び第二段階の規制の一部緩和について(2021年7月19日)

2021/7/19
●7月19日、イスマイル・サブリ副首相兼国防大臣が、「国家回復計画」第一段階及び第二段階の規制(SOP)の一部緩和について発表しました。

●第一段階
・公共部門の出勤率を40パーセントに増加させる。
・会計サービスは60パーセントのキャパシティでの営業が許可される。
・市場の営業は午前6時から午後4時までに延長される。管理された生鮮市場(PST)の営業は午前7時から午後2時までに延長される。
・2メートルから3メートルの物理的距離を確保するサイクリングと個人ゲームは、近隣のエリアで行われるものに限り許可される。
・港、空港及びロジスティクス部門は、24時間稼働することが許可される。
・鉱山及び採石所の操業は出勤率最大60パーセントまで許可される。
 
●第二段階
・スタジオの外での撮影は許可される。
・専門店(ガソリンスタンドを含む)の営業時間は午前6時から午後10時まで。
 
●イスマイル・サブリ副首相兼国防大臣の発表については以下をご確認ください。
https://twitter.com/MINDEFMalaysia/status/1417084299325579265
 
●「国家回復計画」のSOPについては以下の当館ホームページをご参照ください。
(第一段階)https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_30052021A.html
(第二段階)https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_06072021A.html
 
●SOPの詳細は国家安全保障会議ウェブサイトをご確認ください。
(第一段階)https://www.mkn.gov.my/web/ms/pelan-pemulihan-negara-fasa-1/
(第二段階)https://www.mkn.gov.my/web/ms/pelan-pemulihan-negara-fasa-2/
 
●「国家回復計画」における各段階の緩和条件の詳細については、以下の当館ホームページをご参照下さい。
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_16062021.html
 
○今後も、SOPの順守に加え、人混みを避ける行動や、適切なマスクの着用、うがい・手洗いの励行など、基本的な感染症予防対策に努めてください。
 
○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。
外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0
当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html

○また、サバ州東海岸のうち、サンダカン、ラハ・ダトゥ、クナ及びセンポルナ周辺地域に危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が、サバ州東海岸のうち上記「レベル3」発出以外の地域(タワウを含む)に危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」が発出されています。

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。